TOKYU HANDS
  • Facebook

東急ハンズ サイエンスランド SCIENCE LAND

恐竜くん監修 クイズで学ぼう!恐竜スタンプラリー

恐竜のことならお任せ“恐竜くん”監修! 恐竜くんってどんな人?

知ってると自慢できちゃう恐竜について学ぼう!!

  • アロサウルス
  • トリケラトプス
  • ティラノサウルス

今年の夏は恐竜でいっぱい!夏休み 恐竜イベント

キミの好奇心をくすぐるハンズのSCIENCEグッズ

  • PAPO(パポ)

    2,000円+税より
    1983年にフランスで発売されて以来、数多くのシリーズが誕生し続けている、世界の子どもたちに愛されているフィギュアです。PAPOの最大の特徴は、全品ハンドメイド(手描き)による着色であること。精巧にできたフィギュアに、手づくりのあたたかみを添えて、世界の子どもたちの夢と想像力を育みます。
  • 恐竜骨格発掘セット

    2,300円+税
    付属のノミとハンマーを使って恐竜の骨(模型)を発掘してみよう!発掘し終わったら全ての骨を組み立てて、骨格を復元してください。骨の腐食や汚れなど、とてもリアルな質感です。
  • 3Dペーパーパズル恐竜

    600円+税より
    レーザーカッティング技術により、自然のフォルムを細部のディテールまで繊細に表現しているペーパーパズル。完成後はインテリアとしても楽しめます。
  • Hello!DINO(ハローダイノ)

    15,000円+税
    激しく動き回るのに倒れそうで倒れない?ジャイロセンサーによって絶妙なバランスで自立する恐竜型ロボットです。コントロールポッドで自在に操作したり、手のジェスチャーで操作します。家の中を暴れまわる、やんちゃなロボット恐竜と遊ぼう!
  • リザードロイド

    3,800円+税
    赤外線センサーを搭載した、人や物に反応するエリマキトカゲ型ロボットです。本物のようにエリマキを広げてすばやく移動します。センサーの切り替えでペットのように追いかけてくる「おっかけモード」と、近づくとびっくりして逃げていく「エスケープモード」があります。動くしっぽや光る目など、ギミックいっぱいのロボットをつくってみよう。
  • エアエンジンカー

    2,500円+税
    エアエンジンカーは乾電池などの電源やモーターを使わずパワフルにダッシュ。その秘密は圧縮空気。エアポンプで空気をギュッとためてエンジンを動かします。本体一体型ギミックや、空気圧が目で見えるエアゲージがおもしろい。つくって走らせて、空気のパワーを体験しましょう。
  • プリズムと光の研究

    1,000円+税
    いろいろな光の性質を調べる実験をしよう!太陽光や電灯の光に含まれている色や、屈折や反射などで光の進み方について、理解できるよ!くわしいガイドブックつきで、自由研究にもおすすめ。キットの中に、プリズム、プリズムおさえ、カラーシート、レインボーシート、工作紙、ガイドブックがぜんぶ入っています。このキットのほかに、はさみなどの文房具を用意すれば、すぐに実験が始められます。
  • ハンディ顕微鏡ZOOM

    2,000円+税
    どこにでも持ち歩きたいハンディ顕微鏡です。ズーム機能は60~120倍まで対応。LEDライトはもちろん、UV(紫外線)ライトもついています。山に海にお家でも、今まで知らなかったさらなるミクロの世界を見てみよう!
  • 聴診器実験キット

    1,500円+税
    動物の心臓の音、昆虫の足音や食事をするときの音や人のからだの中の音が聞けます。組み立てればすぐに使える聴診器と、からだのつくりや音の性質についてくわしく書いてあるガイドブックが入っているので、すぐに自由研究が始められます。
  • ソーラーオーニソプター

    8,000円+税
    羽をはばたかせて旋回する姿は、まるで生きているようなあたたかみがあり、ゆったりとした時間の流れを感じます。オーニソプターは羽をはばたかせて飛行する航空機のことです。15世紀にレオナルド・ダ・ヴィンチが設計図を描いて以来、人類は幾度となく羽ばたきによる飛行に挑戦してきましたが、未だ実用化には至らず、ロマンを追い続けています。
  • キネティックアート コスモス

    2,500円+税
    キネティックアートとは動く美術作品のこと。土台に電磁コイルが内蔵されていて、磁力で動き続ける不思議なオブジェです。ゆらゆらと見ていて飽きない、癒しの時間が流れます。
  • 卓上天体望遠鏡

    12,000円+税
    手軽に使用できる卓上型天体望遠鏡。コンパクトなので持ち運びもラクラク。面倒な準備も必要なくすぐに観察できるのでアウトドアシーンでも活躍します。さらにスマートフォン専用アプリ「星どこナビ」で見たい天体を誰でも簡単に見つけることができます。